業者を選ぶときに抑えるポイントとは

料金設定に注意が必要です

電話の代行業務の重要性は夜間の注文、クレーム、問い合わせ等様々で対応如何によっては客離れを起こしたり、対応が良ければ注文数がアップしたりして大変重要な仕事です。企業もオペレーターを自社で展開している場合は経費の問題が発生して電話代行に依頼する傾向があります。

ここで注意が必要なのが依頼した電話代行の使用料金の問題です。契約の内容で基本料金が一定でコール数に応じて課金制と言うプランがあります。課金制の基本料金が複雑で中身を理解しないで採用すると、かえって自社で展開していた時と比較して経費が膨れ上がってしまうようなこともあります。業者によって様々で通話1回いくらの場合もありますし、通話時間1分いくら2分を超えると料金が発生する内容になっているはずです。中には1回1分の通話が100円超えると言った業者もありますので注意が必要です。

コール無制限は本当にお得なのか中身が問題です

電話代行の料金は1回いくらとか1分いくらとか決めている業者がありますが、中にはコール無制限の料金体系があり当然費用をおさえることが出来ると考えて契約しますが、思わぬトラブルが発生するケースが多くあります。

電話代行業者は競争が激化して、顧客を確保するためにコール無制限を採用していますが、その実態はオペレーターの数を増やしていない業者が多いようです。お客様から電話がかかってきてもオペレーターの人数が少ないため、電話に出ることが出来ないでお客様をまたしてしまいます。お客様からすればこの会社は何回電話をかけてもつながらないと感じて、二度と電話をかけなくなってしまいます。結局他の会社に依頼するようになり全体的にも売り上げが下がって低下するはずです。コール無制限の場合はオペレーターの数を確認することが重要です。

電話代行サービスはリソースが限られている企業にとって、有効なバックオフィス機能です。機会損失を防いだり、顧客満足度を向上させる事が出来ます。